親知らずは抜歯したほうがいいのか

###Site Name###

上下一番奥に生えているのが親知らずで、智歯ともいいます。

昔の人はよく噛んでいましたので、顎が発達していて、親知らずがすべての人にありましたが、現代人は食生活の変化で噛む回数が少なくなったことで、顎が小さくなり、親知らずの生えていない人もいます。

一番奥にある歯ですからブラッシングが行き届かないことが多く、むし歯にもなりやすいです。

グノシーの知識が一目瞭然です。

親知らずはあってもなくても咀嚼にはほとんど影響しませんので、この歯がむし歯になったら抜歯するのが当然になってきています。


ところが最近では、この歯をわざわざ残して、他の歯の欠損部分に埋め込む研究が進んでいます。

iPhone7情報を集めたサイトです。

実用化までには至っていませんので、近い将来親知らずを使った歯の代用が一般的になるかもしれません。
インプラントと呼ばれる人工歯を埋め込むのが今は当たり前になっていますので、智歯を残すこという考えは大切はこともしれません。



智歯の抜歯や埋め込みの処置は、口腔外科でおこなっています。

歯科医院でもこの口腔外科の看板を掲げてあるところが多いですので、もし抜歯のことを考えているようでこの科を受診してみてください。


標記の結果として、簡単に言えば、抜歯したほうがいいです。


ただし代用歯として使うのが常識になれば、当然抜歯しないほうがいいです。
永久歯は一度しか生えてきませんので、よほどのむし歯ではないかぎり、神経を残したりしながら歯を永久的に保つ意識を持つことはひじょうに大切なことです。