オーダースーツと既製品の違い

###Site Name###

新社会人のスーツは、ファッションブランドの既製品で細身スタイルが主流のようですが、いかにも新人さんという雰囲気を醸し出しています。靴もつま先が細くなった形が多いです。

長時間出歩くこと、デスクワーク中心になってもタイトな作りは窮屈で、帰宅後の疲労度も違うのではないでしょうか。

また意外と耐久性にも欠け、擦れてしまったり長持ちしないブランドもあります。

エキサイトニュースに関するアドバイスです。

紳士服専門のアオキ、コナカ、ビッグヴィジョンなどオーダースーツを取り扱う専門店やデパートの紳士服売り場では、ビジネスマンのための配慮が多数盛り込まれています。



縫製がしっかりしていること、肩幅、ズボン丈は勿論、幅の持たせ方など仕事をする上で、身動きしやすいことが一番です。


一度オーダースーツの採寸をすれば、お客様リストを元に次回新調する際もそれほど手間は取りません。



来店後は、割引のご案内はがきが来て、お得に買い替えもできます。
年を重ねてくるとやはりファッションブランドのおしゃれな雰囲気よりも、着心地・耐久性・品格を備えたオーダースーツへ移行していくことになるでしょう。
スタイリッシュなスーツも勿論取り扱っていますし、なんといってもシャツ・ネクタイとのコーディネートがセンスの見せどころです。


オーダー生地選びと共にチャレンジしていくと良いでしょう。

会社同士のお付き合いの中で、新人さんという目で見られるよりも中堅どころと見える風格を醸し出せる方のもオーダースーツのメリットです。