NASについてご紹介

###Site Name###

NASという言葉に馴染みがある人は多くないのではないでしょうか。


この言葉はネットワーク・アタッチド・ストレージの略語ですが、NASがいったい何なのか、どう使われているのかについて簡単にご紹介します。

まず、ネットワーク・アタッチド・ストレージと言うように、直接ネットワークに接続して使う記憶媒体のことを指します。



LAN接続ハードディスクとも呼ばれ、USBケーブルで接続するハードディスクと似た感覚で使用することができます。

では、ネットワークに接続することの利点はなんでしょうか。
利用スタイルにもよりますが、大きく、複数人で同じデータを共有できることと、共有範囲を指定できること、さらには省エネ対策にもなることに分けられます。

iPhone8のお得情報を用意いたしました。

NASはネットワークでつなぐことができるため、共通のデータを共有して仕事を進めることができます。

グノシーに関してとにかく簡単に調べられます。

多くの人が同じデータを共有できるため、わざわざファイルのやりとりをする必要もなく、多くの手間を省くことができるため、ビジネスシーンでの利用が多く見られます。


また、共有範囲の指定をすることができるので、複数部署で権限を分けたり、役職者のみ閲覧できるところをつくったりと、組織に合わせて設定を行うことができます。


USBハードディスクは個人個人に付与しないといけませんが、NASを用いることでハードディスクの用意数を減らせますし、必要な保存容量を1台に集約することで省エネルギー効果も期待でき、ある程度の規模の企業であれば検討してみてもいいかもしれません。